2chの怖い話まとめサイト

オカルトネタや心霊ネタの2chの怖い話まとめサイトです

オカルト

【怪奇】山の怖い話【超常現象】その参

1 :底名無し沼さん:2017/09/15(金) 21:51:33.33 ID:qa9UpxG4.net
山で起きた超常現象や心霊現象などを語ってみ。
怖くなくても可、不思議な出来事なども。

   
■ご覧の皆様へ
2ちゃんねるにはブログ宣伝荒らしを行う異常者やアフィ業者が常駐しています。
http://matsuri.2ch.net/test/read.cgi/out/1500267844/1
「wi1d28jp」(栗城ハンター)などの悪質ポストは踏まずにNG登録とadblock導入を。
http://matsuri.2ch.net/test/read.cgi/out/1501582881/1
荒らしはスルーで楽しく。

【怪奇】山の怖い話【超常現象】その弐
http://matsuri.2ch.net/test/read.cgi/out/1478693438/

2 :底名無し沼さん:2017/09/15(金) 21:57:36.47 ID:qa9UpxG4

 
熊の話はこちらへ

【クマと】熊対策スレ 2頭目【踊ろう】
http://matsuri.2ch.net/test/read.cgi/out/1503580040/

月の輪熊 ツキノワグマ
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/out/1318614195/
 

3 :底名無し沼さん:2017/09/16(土) 15:39:15.50 ID:kvxawJtU

とある山中で道に迷った
秋の山の日暮れは早い
こんな谷あいで野宿はよくない
急ぎ足で尾根をめざしたが、
行けども行けども尾根は遠い

沢からやっと脱出しかかったところで
遠くでちらちら灯りが見える
はて こんな山深いところに民家が?

近づくと お寺がポツンと建っている
灯りがあるので在家寺にちがいない
今夜の宿をお願いしようと 勝手口へ回る
板敷の間で 袈裟をまとったきゃしゃな身体の住職が
ひとり 夕飯をたべている

ぶしつけながら 声をかけた  
静かにうしろを振り返った住職をみて驚いた

こんな山中に たったひとり 
しかも涼やかで美しい尼さんではないか

(つづきます

4 :底名無し沼さん:2017/09/16(土) 16:38:55.46 ID:j4pUaYiD

待ってます

5 :底名無し沼さん:2017/09/16(土) 16:51:37.95 ID:VrBtTWCS

待たせたな:

こんな話もある。
場所は、四国;時代は、1980年代

『七人ミサキ』という怪談話がある。似た話に『七人同行』というのもあり。
この話にはいろいろなバリエーションがある。
『七度までは、お前の妻を呪い殺す!』『七度、生まれ変わっても・・・!』など、
7という数字は、あの世関係の話によく出てくる。四十九日とか。

本場の高知で、その原型と思われる風習を見たことがある。
山の中の集落(それほど小さくない)で葬列に出くわした。それじたい昔風だった。
しばらくして、喪服を着た参列者が(自宅に帰っていくのだろうが)、四辻で立ち
止まって、なにか儀式を行っていた。

あとで、宿屋のおかみさんに尋ねたら、
「ああ、あれはミサキおくり、ゆうんよ。お葬式のあとでな、四辻をとおってな、
かえってくるとな、
ミサキがついてきて、家の中にはいってくるけん、四辻でな、はらうんよ。」
『みさき』って何?と尋ねると。
「ミサキゆうんわな、まあ、おばけよ。オンザキさまゆうんよ。いきだおれに
なった人の霊じゃいうひともおらい」

(ミサキおくり、だったか、ミサキおくり、だったか記憶あいまい)

民間伝承(風習)と「怪談」として流布された話とは違いがあるようだ。

6 :底名無し沼さん:2017/09/16(土) 16:58:08.65 ID:kvxawJtU

お待たせいたしました

山中で道に迷い難渋しております
夜露をしのげる場所をお借りしたいと申し出た

ここは尼寺 男子禁制 
あと3時間 沢伝いに歩けばバス停のある集落に出る
集落には共同の精米小屋がある その軒先ではどうか
かみしめるように伝える尼さんの声がまた涼やか

もう衰弱しきって3時間は歩けません
尼さんの美しやかな声とお顔 姿態に惑わされ
甘えるように訴えた

おなかが空いておられるご様子 
これをお召し上がりなさい
起ち上った尼さんの肉付きのいい臀部がまぶしい

(あしたも休み あしたにつづきます

7 :底名無し沼さん:2017/09/16(土) 17:33:28.72 ID:ADkXj/Er

7ゲットなら心願不成就のクソニートは一生モテない、独身、不幸のどん底生活が待ち受けてます

ていやっ!はっ!おらおらおらーっ!

8 :底名無し沼さん:2017/09/16(土) 17:34:04.77 ID:j4pUaYiD

(´・ω・`) 尼の怖い話

9 : :2017/09/16(土) 18:56:40.61 ID:xph8+RaI

他人を呪う者は畜生道に落ちるだろう。

10 :底名無し沼さん:2017/09/16(土) 23:34:05.50 ID:zPnd3FB5

石じじいの話がまた聞きたい

11 :底名無し沼さん:2017/09/17(日) 00:38:46.06 ID:3TpUiPsB

>>5
>(ミサキおくり、だったか、ミサキおくり、だったか記憶あいまい)

????

12 :底名無し沼さん:2017/09/17(日) 04:02:34.81 ID:uBB6vWuS

だいたい30年以上も前の話なんで〜記憶はあいまいだけれど〜会話だけは方言を含めてバッチリ再現〜

13 :底名無し沼さん:2017/09/17(日) 08:51:29.40 ID:Dvug5vG9

これをお召し上がりなさい
これは? スタバのコーヒー こんな山奥にスタバが?
いいえ スタバでなくステバのコーヒーでございます
ステバ?
はい 本堂の裏に不要なお骨や卒塔婆 お守りの捨て場がございます
その中に女性のマメと称する部分のお骨を拾い深煎りしましたもの
ステバのコーヒーですか 
おっと これは? 、
はい 冥土鳴土のハンバーグ
メイドナルド? マクドではない? いただきます
あの お風呂が沸いております 汗を流して出発なさいませ
ご馳走になった上 お風呂まで!

つづきます 

14 :底名無し沼さん:2017/09/17(日) 08:54:42.34 ID:Dvug5vG9

つづけます

五右衛門風呂ながら 清潔な湯槽にに浸かり大きく吐息をつく
あの お背中をお流しましょうか 袈裟を脱いだ庵主さまが言う 
慌てて前を隠す そこまでのご親切を受けては罰が当たります
庵主さまの目が チラと下半身の品定めをした
お客さま 夜も更けてまいりました 今宵は本堂でお休みになればいかが
庵主さまの臀部への期待で おことばに甘える
その夜 本堂に安置された阿弥陀様の揺れる灯のそばで衣擦れの音がする
ついに来るべき時が来た 期待に膨らむ気持ちと下半身

つづきます

19 :底名無し沼さん:2017/09/17(日) 12:04:46.91 ID:gbPHHzn/

こんな話の人、前スレの質問に答えてあげなよ


張ってある写真は、何ていう山?

16 :底名無し沼さん:2017/09/17(日) 09:22:59.94 ID:Dvug5vG9

お声がかかりませぬが つづきます

導きいれようと 庵主さまが身もだえる
しかし入らない
あゝ なぜ入らないの いらだつ庵主さま
手を取り指で導かせようとした時

庵主さまの指がない!
指がないのはケモノの証拠

ガバッと起き上がる

その狭さ おまえメキツネだなっ!
その大きさ あんたは ウマかっ!

17 :底名無し沼さん:2017/09/17(日) 09:50:42.36 ID:Dvug5vG9

つづきの後記

男をたぶらかすメギツネめ!
豊かな臀部と錯覚させた
メギツネの尾を
したたかに引っ張った
尾はすっぽり抜け落ちた

抜いた尾を持ち帰り 首巻きに 
バスに乗り込む
乗り合わせたおばさんが

まー 立派な大根ですこと

おわり

キツネはこわいという
福井県は奧越の体験でした
次回は奥飛騨のタヌキについて
お話しさせていただきます

18 :底名無し沼さん:2017/09/17(日) 11:44:10.90 ID:M3/F5sq1

こんな話もある。
場所は、比良山系;時代は、1980年ごろ

登山道でピトンを拾った。本体が平たく古いもののようだった。
うっすらと黒く錆びていたが、ボロボロというわけではない。
鍛冶屋で打ってもらった自作のものか?とも思われたが、泥をぬぐって
よく見ると、「H…. Austria」の刻印がある。
「うお!Holubarのか?」と盛り上がった。
一人が言った。「これ、持って帰ってもいいよね?」
皆でジャンケンをした。
ジャンケンで勝った男の子は、よろこんで、紐を通して
それをリュックから垂らして歩いた。
そのあと歩いていると、一人が言った。「おい、焦げ臭いぞ!山火事じゃないか?」
たしかに臭う。それぞれが周りを見渡したが煙は見えない。

さらに一人が言った。「あなたのリュックが臭うんじゃない?」
ピトンをぶら下げた男の子がリュックをおろして中を開けようとしたとき、
彼が叫んだ。「熱っついっ!なんやこれっ!」
ピトンが異様に熱くなっている。とても素手ではさわれない。
日光で熱せられてもこれほどにはならないだろう。
彼は紐をナイフで切って、そのピトンを地面の大きめの石の上に
のせた。「不思議だな・・・」すこしたって恐る恐る触ってみると、冷たい。
「まったく不思議だ」
彼は、今度はジレのポケットに入れて歩いていたが、また熱くなってきた
と言いだした。ピトンを地面のに放り投げた。
「これは持って帰ったらだめなんちやう?」「ほんまやで」
オレたちは、地面をほってピトンを埋めて去った。

15 :底名無し沼さん:2017/09/17(日) 08:56:26.89 ID:Dvug5vG9

つづけさせていただきます

華奢ながら臀部の張りの豊かな庵主さまと・・・
声も発せず庵主さまの足がからまる
あたたかい
抱きしめ 小さな口を吸った
思わず慎みふかいあえぎがもれる
期待にたがわず そこはもう潤みにうるんでいる
あなた様の入浴中 あの立派なお姿を拝見してしまいました
このお方を帰してはならぬと はしたなくもこうしてしのんでまいりました

まだつづけていいでしょうか

20 :底名無し沼さん:2017/09/17(日) 15:19:17.24 ID:5dCno+8B

>>19
答える必要ないでしょうね こんな掲示板で詳しい情報をあげるのはあぶない 何に使われるかわからないし 敵意のある書き込みを見るとなおさらw

21 :底名無し沼さん:2017/09/18(月) 11:20:51.17 ID:iM7eFQO+

>>20
植生からみて標高は500m以下
近畿&三重と見た

22 :底名無し沼さん:2017/09/18(月) 12:04:12.47 ID:vHjDhkDh

尼寺の面白くない投稿こわいわ

23 :底名無し沼さん:2017/09/18(月) 12:58:36.55 ID:aKrKyP+B

表現や文章のリズムが独特で、オリジナルなら結構凄いなと思う
好き嫌いは分かれそうだね

24 :底名無し沼さん:2017/09/18(月) 13:29:38.13 ID:X3exzoiu

こんな話もある。
場所は、北海道;時代は、1978年頃らしい(人から聞いた話なので不明確)

登山中に謎の飛翔物体に遭遇したという話は多い。たとえばUFOのような。
大学で知り合った男性(当時社会人)も北海道の深い山で遭遇したという。
砂防ダムの堤の上で一休みしていると、遠く見渡せる沢の下流で動くものがある。
『おう、他にも登山者がいるのか。』と思って眺めていると、それは、
彼に向かって沢沿いにかなりの速度で近づいてくる。
よく見るとそれは、河原、沢の水面ギリギリの高さで飛んでいる。
黒い布のようなもので、それがひらひらとはためきながらどんどん近づいて来る。
音もたてないで、ダムの近くまでやってくると、それは、いきなり堤に登り上がる
ように上昇して、彼の頭上を上流に向かって飛び去った。
上流の方向を仰ぎ見ると、その「黒い一反木綿」は、沢の中に生えている木立の中に
消えていったという。
彼の上を飛んだ時も風を切る音などはしなかった。大きさは2メートル四方くらいで
厚さがあるようには見えなかったそうだ。

彼は言った。「それはな、上流の林に消えていったんだけど、そこは樹木が密に
生えてて、そんな大きさのものが飛んで入っていけるような場所じゃなかったん
だよね。」
「大きな鳥だったんじゃ・・」
「いや、それでな、その黒いやつがな、頭の上を飛んだときにな、『こんにちわ』って
話しかけたんだよ!」
オレは、かなりあせった。

25 :底名無し沼さん:2017/09/18(月) 14:03:41.80 ID:DZNq/jam

こんな話のおっさんはブログかツイッターでやったら?
>>20によると、ここは敵意のある奴が居るからいろいろ危険らしいよ。

26 :底名無し沼さん:2017/09/18(月) 14:32:50.78 ID:sTz2IU0q

尼僧侶

27 :底名無し沼さん:2017/09/18(月) 15:42:01.30 ID:iM7eFQO+

前略 ごめりんこ

なにかとご迷惑をおかけしております
寝袋・イモリ・尼寺の作者でございます
作品はコピペでも盗作でもございません
すべてオリジナル体験談でございます
今回は奥飛騨の怪奇なおはなし
奥飛騨慕情を書かせていただいて
よろしゅうございますでしょうか・・・

とある百名山登頂の帰り
ある露天温泉場に立ち寄り汗を流していた

ここは無料ながら無人チップ箱にコインを入れる湯
今夜の宿は無人温泉場の真向かいに位置する
宿にも湯はあるが、星を見たくて露天にきた
隣はおんな露天風呂
湯の流れる音にまじって湯桶を使う音がする
こんな深夜に女性が入浴か
話し声のないところをみれば ひとりか

(すみません ヨメが帰ってきましたのでつづきます)

28 :底名無し沼さん:2017/09/18(月) 16:57:34.17 ID:iM7eFQO+

おまたせしました
ヨメが目を開いて昼寝をしていますので つづけます

おんな湯のあるじの想像を膨らませ、星をながめる
静寂を破って、おとこ湯の脱衣場が騒がしい
3人の男が会釈もなく入ってきた
「エエ女やったな」
「色は白いし腰が引き締まって、出るとこ出てる」
「独身寮住まいらしいで」
「寮かぁ・・・這ぉていきたい」
「あんなエエ腰を見たら 寝られへん」
どうやら、わたしと同宿の関西人の客で、
きれいな仲居さんの評価をしているらしい
たしかに彼らの評価どおり美しい仲居さんだった
団体客優先の宿にあって、一人客にも親切にもてなしてくれた

「おい、隣にだれかおるで」
ひとりの男が、おんな湯の気配に気づいた
「こんな夜中に、どうせ近所のおばあさんやろ」
とたんに、
男たちへ抗議をするかのような
なまめかしい咳払いがおきた「コホン」
「おいっ・・・若いがな・・・」
息をのみ、静まりかえるおとこ湯

(夕飯つくります 明日につづけさせてください)

29 :底名無し沼さん:2017/09/18(月) 17:42:50.28 ID:3xzHWGm0

(´・ω・`) ヨメこわい

30 :底名無し沼さん:2017/09/18(月) 17:46:27.82 ID:Z3OK0TbY

もっとゾクゾクする怖い話ないの
最近ろくなのないな

31 :底名無し沼さん:2017/09/19(火) 08:56:58.69 ID:HOAR8jeX

>>28  のヨメでございます。
うちの宿六は、就職活動も生殖活動もせず、
働くわたぃの目をかすめ、キツネタヌキに憑りつかれ、
くだらないことや、わたぃのことまで2Chに書き込んでいます。
先ほどスーパー早朝安売りに追い出しました。
いまの間に、宿六の書き込みを阻止いたします。
おゆるしください。

ちょっと、あんた、あたぃのことまでなぜ書くのさ
あんたが日干しにならず生きながらえてんのは
だれのおかげ?
あんたのおかぁさんや下の妹まで、
のうのうと暮らせてんのは、だれのおかげ?

あんたと一緒になってロクなことなかったのよ。
ぼけたお父さんの死に水を取り、
上の妹のできちゃった婚の子を取り上げ、
お父さんのギャンブル借金取り立てを追っ払い
夜の生活は、ふすま隔てたおかぁさんと妹に気を使い、
声の一つもあげられない不自由なくらし

近頃はおかぁさんのいびきがうるさいって、
下の妹があたぃたちの部屋に居候。
再ゝ婚の弱みから、しっしっ、あっち行けと、
邪険に追うこともできず、
じっと我慢をしてんだからねっ!
ヘルス労働のつらさは、
働かないあんた一家にゃわからんでしょ
もうヤダッ! 別れちゃる!

32 :底名無し沼さん:2017/09/19(火) 10:57:53.73 ID:HOAR8jeX

>>31 の夫です
やっと昼勤に出かけました
内輪話はヤルな っていってんですが・・・
しようのないババ―です すみません
この場をお借りしまして反論を

おまえ、なんでおれのかぁーちゃんや妹の悪口書くんだ
別れなるならわかれてやる
おまえ、オレのどこに惚れたんだ?
三国一の逸物だと、
うちになだれこんできたのはおまえだろ
あまたの客を見てきたが、
アンタに勝る男はないって、
実の子5人おっぽらかして、オレんちへきたの
忘れたのかっ

元の亭主もその前の亭主も
あんたのスリコギに比べりゃ爪楊枝って
くっついて離れなかったのはだれだっ

オレだってな
隣の出戻りの尚ちゃんもらいたかった
尚ちゃんは成田離婚の処女だったんだぞ
5人も作ったおまえとは格が違うんだ!
出てくなら出てけっ!

33 :底名無し沼さん:2017/09/19(火) 19:54:54.46 ID:ZfoNa7pV

>>1
おつ

35 :底名無し沼さん:2017/09/20(水) 08:01:47.19 ID:e5vF9Chv

(つづきました)

隣の露天からは、湯を浴びる女の音が響く
ヒノキの板一枚で仕切られた隣の露天が気になる
たれもいない、よし
意を決して節穴をのぞく
・・・
暗い
関西人は「よく見える」と言っていたが?
さらに目をこらす
湯をつかう女の、カランコロンの音はひびいてくる
じっと節穴に目を押し付ける
が、暗い
さらに見つめる
カランコロンの湯桶の音はするが、見えない

・・・(こころおきなくつづきます

37 :底名無し沼さん:2017/09/20(水) 09:36:05.01 ID:EC60eSKE

なんだか山奥の温泉に行きたくなった

41 :底名無し沼さん:2017/09/20(水) 12:09:13.87 ID:e5vF9Chv

>>40

2ちゃんエロノーベル文学賞ねらってる

45 :底名無し沼さん:2017/09/21(木) 07:28:26.25 ID:KCaUx8rK

>>43
オカルトなら細木数子見ればいい
しもねたほどはっぴーなものはない
しもねたでゆとりをもちましょう

>>44
植生を見れば
1000以下〜500のヤマじゃろの
クライミングにはもろすぎる 
ハーケンうてば崩れそ
三重鈴鹿セブンマウンテンで見るような・・・・
ちがうかの〜

>>42
見たい?

※わたしはオッサンではありません 

48 :底名無し沼さん:2017/09/21(木) 08:38:13.77 ID:rJTeASMh

さりげなく旬のネタを織り込んでるw

49 :底名無し沼さん:2017/09/21(木) 08:40:36.80 ID:KCaUx8rK

つづけます

あたしが悩みを聞き出してあげる
快く引きうけた妹は その夜 息子のこもる寝室に向かった
「ボクちゃん 叔母さんよ 入るわよ」
「奈美恵かぁさんが心配してる 悩みがあるなら言って」

ミニを身に着けた叔母さんの 
登山で鍛えた発達した脚を見つめ 
顔を赤らめ

「いえない・・・・」
「あなた 経験あるの?」
「ない・・・  けど 知ってる」
「どこで知ったの」
「動画サイトで」
「バカね 本物はもっと凄いのよ 見たことある?」
「ない・・・」
「じゃ見せてあげる」

つづくんだけど いいいかなー

53 :底名無し沼さん:2017/09/21(木) 09:17:54.29 ID:rJTeASMh

(´・ω・`) 展開と着地点が予想外だった… ガチョウさん…

61 :底名無し沼さん:2017/09/21(木) 19:00:52.73 ID:XQbQ/AhM

凄い

66 :底名無し沼さん:2017/09/22(金) 14:20:51.84 ID:dvapQgEB

つづき

お銚子4本で炬燵に眠りこけた女を置いて
秘湯名物露天に向かった
雪はしんしんと降り
湯船に舞った雪が 白濁の湯に落ちて溶け沈む

だれかが入ってきた
客人はわれわれだけと聞いていたが
はて 宿の従事者か?

目を凝らしてみると筋肉質の男の背中がある
ガバッと立ち上がった男のブツを見て驚いた
足が3本
これは! 巨大なものを見た
部屋に帰り 笑いながらgiantsを語って聞かせた

女の顔色が変わった
唇を引き締め 決然と立ち上がり
驚く男をしり目に いずこか目ざして部屋を出た
その夜ついに女は戻らなかった

(つづきます

74 :底名無し沼さん:2017/09/28(木) 23:43:15.32 ID:K2S90b41

イモリの話も山怖なら読んでみたい

138 :底名無し沼さん:2017/11/01(水) 03:36:03.74 ID:aGteUeAi

鍵隠し怖い

190 :底名無し沼さん:2017/11/22(水) 09:59:27.31 ID:+BhM24b3

>>188
読者のレベルも相当低いみたいですね 具体的で有効な指摘ができないという ある政治集団のようですねw

227 :底名無し沼さん:2017/12/09(土) 15:11:45.42 ID:wMvczUMP

氷ノ山のみたらしの池って場所、
ガチに出るらしい。

370 :底名無し沼さん:2018/03/20(火) 13:23:06.54 ID:Xp1ZNNCf

「こわい」よく使うよ。北海道で。
「ゆるくない」、「あずましくない」も使う。
まあ方言の使用は、年齢や階層、場所によるけど。

462 :底名無し沼さん:2018/07/12(木) 12:08:26.16 ID:DnRcwpOB

妬いた?

540 :底名無し沼さん:2018/08/28(火) 18:49:05.67 ID:LCsQz6fq

オカルトを楽しめない大人ってつまらないゴミくずだろ?

601 :底名無し沼さん:2018/10/02(火) 23:35:16.66 ID:FAi8bAhp

安曇潤平はあんまりおもしろくない
文体がジジ臭くて読み辛いのと、展開がベタで結末はいつも予想の範囲内
山の描写も貧弱
T岳I沢とか誰にでも分かる山名をわざわざイニシャル表記で雰囲気出そうとするのも何だかな〜

889件をまとめました。
最新情報はこちら

-オカルト

Copyright© 2chの怖い話まとめサイト , 2019 All Rights Reserved.